育児に関する実際に起きたトラブルを集めて、色んな人の対応を記事にしてみました

育児のトラブル集~皆はどうやって対応した?~

育児トラブル

名前について意地悪を言われたトラブル

実際に起きたトラブルとその対応

娘の名前は男子、女子ともに使える名前なのですが、黒いランドセルを使っていたこともあり、4年生の時の下校時に同級生の男子から「ランドセルも名前も男だ」と意地悪を言われたそうです。
3人いる娘は皆、黒いランドセルだし、同じ小学校には黒いランドセルを使っている女子も何人かいたので、ランドセルのことは気にならなかったそうですが、名前に関しては「私も◯◯ちゃん(仲良しの友達)みたいに可愛い名前が良かった」としゅんとしてしまいました。

名前に関しては、どうしても好き嫌いがありますので
可愛い名前、カッコいい名前、独特な名前など様々な名前がありますが
本人にどれがいいか聞いて付ける訳でもないので、希望を聞いてあげる事は出来ません。

娘の名前の由来や、父親がどのような思いや願いを込めて名前をつけたのかを説明しました。
また、芸能人や有名人の中にも娘と同じ名前の女性もいて、みなさん素敵だし、それぞれの分野で活躍していること、日本を代表する文学作品にも登場する高貴な名前であることも合わせて話してみました。
また、他にも男子、女子ともに使える名前がたくさんあるので、一緒にインターネットで見つけてみました。

名前には本人が知らない、素敵な由来や思いなどが込められている事が多いです。
他にも同じ名前で有名な人、すごい人は数多く存在するでしょう。

バカにしていい名前、というのは一つも存在しないという事を教えてあげるといいでしょう。

結果どうなった?

父親が一生懸命考えて、色々な思いを込めてつけてくれた、素敵な名前であることを理解してくれました。
最後には、この名前で本当に良かった、ありがとう、と言ってくれたので、嬉しかったと同時に、ひと安心しました。
何より自分の名前に自信が持てたのが嬉しかったです。
後日、意地悪を言った男子と下校時に会った時には、娘は自分の名前がどんなに素敵か、また女の人でも自分と同じ名前で活躍している人がたくさんいること、を伝えたそうです。
とどめには「有名な文学作品にも出ているすごい名前なんだから。◯◯君、知らないの?」と言ったら、相手の子は下を向いて黙ってしまったとか。
それ以来、その男子には何も意地悪を言われなくなったのは幸いでした。

こういった事を少しでも理解してくれると、親からしてもとても救われた気分になると思います。
そして、同時に名前を気に入ってくれた事…今回は万々歳な結果になったようですね。

意地悪を言ってきた男子にも言い返す事が出来るほど、自分の名前に自信がついた事は良い事ですね。

-育児トラブル

Copyright© 育児のトラブル集~皆はどうやって対応した?~ , 2020 All Rights Reserved.